わかりやすく情報をまとめました!水田のお別れの会の開催ノウハウ

2020年12月29日

お墓参りに必要な物を知っておこう

お彼岸やお盆などは、家族が帰省をしていることが多いので、祖父母や両親のお墓参りに行きたい人が多いです。宗派によっても多少は違いますが、お参りをする時は供え花やお線香、ろうそく、お供え物などを持参することが多いです。地方や農村部などでは、野生動物が出てくることが多いので、食べ物はお供えをしないことが多いです。びしゃこや槙、白菊やスプレー菊などを供え花にすることがほとんどです。心を込めて手を合わせたり、読経をしたり、お線香をあげることが大事です。

2020年11月30日

お墓を綺麗に保つと運気が上がります

間もなく年末年始ですが、年末年始にはやることがたくさんあります。コロナウイルスの蔓延によって行動が限られますが、こんな時こそ足もとに目を向けると良いのではないでしょうか。ご先祖様のお墓参りに出かけてみて、心を洗ってみると良いのではないでしょうか。そっとお墓の前で手を合わせることで、清らかな気持ちになります。悩みも吹き飛びますし、幸せな気持ちになれるはずです。また、遠方に住んでいる方にとっては、お墓参り代行に依頼をするのもお勧めです。

2020年10月16日

お墓参りに適したタイミングとは

春や秋のお彼岸やお盆、亡くなった方の命日などはお墓参りに出かける人が多くいるタイミングですが、基本的にはいつ行くべきであるか決まりがあるわけではありません。しかし独立して実家から離れて暮らしている場合には、長期休暇が取れることが多いお盆や年末年始などは、タイミングとして適しているといえます。これらの時期は家族が集まることが多いため、故人を偲び、揃ってお参りに出かけることができるからです。長期休暇以外では、亡くなってから決まった期間が経った後に行われる回忌法要のときにお墓参りをするという人も多くいます。

2020年09月02日

お墓参りが負担にならない霊園を選ぶ方法

お墓参りが負担にならない霊園を選ぶにあたっては、各地で多くの遺族の間で支持されている霊園のホームページやカタログなどを使って、立地やサービスの内容、管理費の相場などをチェックすることが大事です。最近では、宗派に関係なく一時金や年間の管理費を支払うことで、誰でも契約ができる霊園の数が増えているため、早いうちから気になる霊園のシステムについてきちんと把握をすることがおすすめです。人気のある霊園においては、週末に契約希望者を対象とした無料の相談会や会場の見学会を実施しているところもあるため、隙間時間を使って現地に足を運んでみるのも良いでしょう。

2020年08月11日

これがあれば満足いくお墓参りができます

毎年の行事であるお墓参りですが、必ず現地で何かトラブルがあるとお嘆きの方はいませんでしょうか。数々のトラブルに見舞われないためにも、あるとよい持ち物を知っておきましょう。まず、火をつけるために便利な物を持っていくとよいでしょう。マッチでもよいのですが、風が強かったりするとろうそくやお線香に火をつけるのに苦労する場合があります。ライターや、キャンプ等で使うような手持ちの火をつける器具を持っていくと便利です。

過去の記事